216円で細かい器材を容易に扱えるツールが作れるという話

| コメント(0)


当方は現在はプラモづくりをしているわけではないのだけど、この発想はダイナミック素晴らしいものであるし、何か細かい作業をする時には大変役に立つ、便利過ぎるアイテムに違いないということで、覚え書きも兼ねて。

写真を見ればほぼすぐに理解できると思うのだけど、ダイソーなどの100均ショップで売っている大型の洗濯ばさみ(布団などをはさむやつだね)と、普通のピンセットが材料のすべて。洗濯ばさみは写真にあるように、はさむ中身の部分が丸っこく変形しているのを選ぶ事。

で、作り方としては、洗濯ばさみでピンセットをはさむだけ。これによって、ピンセットで対象となるアイテムを固定し、洗濯ばさみの外側を左手で抑えながら、右手で作業ができることになる。よもや洗濯ばさみを手持ちのガワとして使うとは。

これ、塗装はもちろんだけど、他にも細かい作業をしたい時にはうってつけのアイテムになりそうな気がする。覚えておくと使いどころが色々と出てきそうだな。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年5月18日 07:45に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「学校のクラス人数の実情」です。

次の記事は「吉野家の朝定食にハムエッグが復活」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31