京都水族館のすいぞくパンがステキナイス

| コメント(0)
京都水族館の開業以来、いきものをかたどった可愛らしい見た目とこだわりのおいしさで人気を集めた「すいぞくパン」が、開業5周年を記念してリニューアル!京都市南区の「フルニ京都」が製造を手がけ、毎朝工場から直送します。カメ、ペンギン、チンアナゴ&ニシキアナゴ、カエル、ゴマフアザラシ、イルカ(スコーン/2種)の全7種類。

以前似たような菓子パンを紹介した記憶もあるのだけど、リニューアル云々とあるので良い機会だからということで。もっとも今件のツイートは、実のところパクツイまがいのアカウントがツイートしており、出元も明記されていなかったのでこちらで探して再ツイートした次第。 街のパン屋さんみたいな独創的な形をした「すいぞくパン」は、どれもが皆愛らしくて食べてしまうのがもったいないぐらい。ずらりと並んだその場の情景に、しばらく幸せな時を過ごせるに違いない。
カメパンとかイルカパンとかゴマフアザラシぐらいは普通のベーカリーでも作れそうな気がするのだけどね。でもやっぱりこういうのが、水族館内で販売しているってのは強いところなんだろうな。お土産としてもぴったりだし。 他の博物館でもこんな感じの菓子パンとかを展開してくれると嬉しいなあ、と思ったりする。ハードルはさほど高くはない気もするのだけど。
            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年5月18日 07:12に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「絵師さんへのリクエストにアマゾンで供え物をするという発想」です。

次の記事は「学校のクラス人数の実情」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31