新聞の中身の価値はどんどん下がってるけど新聞紙には有効価値があるよね。ならば......

| コメント(0)


新聞の中身、つまり書かれている記事内容は正直なところ、首をかしげるような信ぴょう性のものが増えている、信じるに値しないレベル、さらには読むのもはばかられるシロモノまで増加している感はある。書き手の質の低さ、偏向性のありようが明らかになり、他の情報、さらには一次ソースとの比較検証が容易になりつつある結果なのだけど。あるいは元々こんなレベルでしかなく、その正体が暴露されつつあるのかもしれない。

で、半分笑い話、半分マジネタとして「新聞の中身はともかく新聞紙は色々と役に立つよね」というものがある。ならば新聞を新聞としてではなく、新聞紙として販売するビジネスがあってもいいのではないか、印刷すらせずに新聞紙だけを売るサービスもあるかもなあ......と思いアマゾンで検索したら、新聞紙として使ってほしい的な新聞の販売品が色々と見つかった。マジか。

出所が結構不明なので、個人ベースでため込んだ古新聞を売るわけにはいかないだろうから、新聞販売店での押し紙の行先とか、ホテルなどに無料配布されている新聞を集めたものなのかなあという感もあるけど。世の中考える事は皆同じだなと思った次第。


タモリ氏がそのようなネタを使っていたというのは初めて知ったけど、色々と複雑な心境となるのは否めない。当時はネタだった内容が、今ではそうでもない実態として体現化されているとなると、ねえ......。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年5月 2日 07:42に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「クロネコヤマトの荷物は時間指定が無いものでも後付で指定ができる」です。

次の記事は「「外遊」の誤解釈と、それを物書きや報道界隈の一部が積極的に成していることと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31