上から目線と王権神授説

| コメント(0)


「意識高い」では単に志を持つ者ともごちゃまぜになるので「意識チャラい」とか「自意識チャライ」といった感じで表現をしている方々の特徴の一つとして、指摘されている方面にあるような傾向がある。権利を主張し義務は無視する。食堂でお腹が減ったのでご飯を食わせろ、でも代金は支払わないと騒ぐ、的な。

「義務の対価として権利が与えられているのではない」との主張もあるようだけど、それこそ詭弁で、実のところは「権利の対価として義務が与えられている」、さらには「権利と義務は一体化している」のだよね。自由はあるけど責務を果たさなくてよいのなら、それは自由では無く自由奔放でしかない。


権利のみを主張し義務は果たさない。権利の行使を当たり前のように自称し、何物にもとらわれない、責務など無いかのように振る舞う......どこかで覚えがあると思って確認したら、まさに「王権神授説」を唱える王族そのものだったことに気が付いた。

ある意味究極の上から目線であり、その観点では「意識チャラい」「自意識高い」のアッパーグレードな表現としても良いかもしれない。「選民意識」にも近いかな、という気がする。

いずれにせよ「自分達は選ばれた存在だから何をやってもかまわない。そして何の義務も負わないし拘束もされない」というのは、非常に危険な発想でしかないのは言うまでもない。

            

コメントする

            

最近の記事20件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年4月25日 08:04に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「報道の自由は常に保証されるべきだ」けど「今の報道は責務を果たしていないのでそれは保証対象には当たらないっぽい」と考える諸外国、でも日本は...」です。

次の記事は「VRはなりきりのエンタメだという話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31