音声アシスタントが普及するとこんなのも当然出てくるよね、というバーガーキングのテレビCM

| コメント(0)
「OK Google、ワッパーって何?」──。米ファストフードチェーンBurger Kingが4月12日(現地時間)のゴールデンタイムにこう話すテレビCMを放映した。米The Vergeなど複数の米メディアによると、米Googleの音声認識アシスタント端末「Google Home」やスマートフォンの「Google Assistant」がこの音声に反応し、Wikipediaの「ワッパー」についての説明を読み上げたという。

話しかけるとその声を文言として分析し、その文言に従った反応を示す、音声アシスタント。複数の技術の合成技的なサービスとして、現在急速に普及中ではあるし、元々SF系の作品では夢のツールとして描写されており、技術開発の目標でもあった。最近ではその音声アシスタントが使えるツール、例えばスマホを利用しながらテレビを観る「ながら視聴」も当たり前になってきているけど、そのような状況なら当然ありうるだろうなあ......という発想のCM。

要は音声アシスタントの起動トリガーとなる文言と、それに続く形でアピールしたい商品の質問をテレビで語ると、その音声に従って手元の端末が反応し、観てほしい商品が紹介されるというもの。

今件はGoogle側が対処して反応をしないようにしたとのことだけど、正直イタチごっこな感はある。似たような方法は他の商品、企業もやってくるだろう。同一内メディアでの広告、例えば今件ならばテレビCM内で展開されるのではなく、他のメディアに連動が生じるというのが面白いところであり、同時に怖いところでもある。音声アシスタントのトリガーがもっと色々と便利な反応を示すようになれば、当然それを悪用したものも出てくるだろうからねえ。

まぁ、あれだ。うざかられているポップアップ広告のもっとタチの悪いもの、と表現すればよいのかな。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年4月15日 07:07に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「松屋がラーメン業界にも参入開始」です。

次の記事は「現在実用化されている「自動運転」機能は完全自動運転じゃないし、責任はドライバーにある」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31