小学一年生の5月号には簡易サンプラーがついてくる

| コメント(0)


小学二年生も昨年末で休刊となり、今や小学生シリーズは小学一年生のみとなってしまった(「小学8年生」はあるけどこれは不定期刊)。で、その小学一年生がなんだかスゴイ付録をつけているとのこと。「きみのこえがドレミになる!」というキャッチのサンプラー。えーと、自分の声や音を録音すると、それが音階で出力されるってこと?


幸いにも公式の宣伝CM動画が公開されていたので確認したところ、確かにその通り。自分で声を吹きかけるとそれが低い音や高い音など、ドレミな感じで再生される。ラップもやりたい放題。

子供向けの面白科学玩具って立ち位置で、学研の「科学」のような付録だけど、これは確かに子供だけじゃなくて大人でも遊べそう。声の吹込みは自分自身が直接吹き込む必要はないって発想に至れば、可能性は無限大に広がりそうだ。

※書店用動画...らしきものもあったので。


こちらの方が長くて分かりやすいのであります。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年4月 4日 07:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「かもしれない」想定は必要だけどネガティブばかりは呪いの言葉に等しい」です。

次の記事は「ポンジュースがアイスになる。こんな夢のような話が実体化する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31