他人に説明する時には「ポイントは3つ」がポイント

| コメント(0)


話術の一つ、というかテクニックではあるけど、多用したり頼り過ぎるとかえって陳腐になるから要注意なお話。人に何かを伝える際に、「たった一つの」という言い回しでもよく知られる1つだけを提示すると強力なインパクトはあるのだけど、同時に胡散臭さも強くなる。2つでは少々心もとない。しかし4つ5つとなるとかえって多すぎる、分散してしまう感はある。そこで3つが良いよね、ということ。元々なぜか日本では3という数字は縁起の良いもの的に扱われているし。

で、実際に3つもない場合は、言葉は悪いけど水増してしまおうということ。種明かしをされればなぁんだと思ってしまうけど、理屈は分かる。


これが良い例。結局は大事な事ってのは1つでしかないのだけど、それをこのように水増しして語ると、なんだかすごく分かった気がする。結局のところこれもまた、演出の方法の一つでしかないのだけど、覚えておくと役立つ場面もあるかもね。少なくとも表現方法を一つ増やせることに違いはない。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年4月22日 07:03に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ローソンのゴールデンウィークはリラックマな和菓子を楽しめるね」です。

次の記事は「弾道ミサイルが着弾する可能性が警告された場合の対処法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31