マクドナルドのV字回復を営業成績動向から確認する

| コメント(0)


展開される商品の内容や方向性を見ても、どう考えても昨年夏ぐらいから中の人が変わったんじゃないかと思えるような変わり方を見せているマクドナルド。例の異物混入とか鶏肉騒動の後も、迷走続きでどうなるかと思っていただけに、最近の動向はホント、頼もしい。

で、別件で作っていたマクドナルドの営業成績動向。公開値である前年同月比をそのままグラフにしたので、大きく下がった後は反動があるから、ちょいと動きが分かりにくい。2016年初頭から盛り返しているように見えるけど、前年の下げの反動が大きな要素ではあるし......。


ということでよくやる手法の、2年前同月比を試算。前年同月比を2回掛け合わせただけなので、厳密には前年同月に存在した店舗の有無でちょいとぶれが生じるのだけど、大勢を判断するレベルでは問題なし。

で、そのグラフを見ると、実際に業績が回復しはじめたのは2016年の夏ぐらいから。明らかに明確な回復状況。監視銘柄だったら買いサインってやつだ。まぁ、元々優待が維持されていたこともあり、業績が不調な時も株価にはあまり影響は無かったのだけどね。

今後はどうなるのか、このまま突っ走ってくれるのか、それはちょいと分からない。何せ業績回復の理由が分からないから。内部的には色々と決定を下したと思うのだけど、それは非公開だからねえ。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年3月 8日 06:39に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「エビアンの小型サイズがちょっとよさげ」です。

次の記事は「ダイドーのコーヒーでキン肉マンコレクション。全部集めてミートくんを精製せよ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31