先行者とかティファのフィギュアとか...サルベージ品のあれこれ

| コメント(0)


少しでも時間のある時にお掃除をしていかないと部屋がモノで埋まってしまうってことで、ちまちまと休みの日は時間を取ってストック品の再整理。なんでこんなものを保存しておいたのだろう的なものとか、歴史的価値はあるのだろうけど換金化はどうすれば的なものとか、まあ色々と。

今回見つかったエアリスのに続きティファのフィギュアもその類。当時としては随分と斬新なスタイルのフィギュアだったけど、今となってはアクションフィギュアの先駆けだったのかなあという程度で、特に目新しいものでは無し。年代物には違いないけど、価値があるのか否かというと正直微妙。とはいえ廃棄するのはさすがにもったいない。


かつて世界を震撼させた中華キャノンこと先行者のプラモデル。今は無きネットランナーの付録。なぜかこれだけ保全してあったんだけど、多分に物珍しさってことだけでのキープだったのだろう。話によるとボックスアート周りで色々とレアになってしまっているとのことで、世の中の話の巡りは興味深い。こちらは袋に封印して再び保全に。


今は無きThree-Sixty Pacific社の海戦シミュレーション「HARPOON」のガイドブック。話によると公式云々というよりは同人誌との話で、かつてコミケで見かけたとの情報も。ただ当方はコミケには一度も足を運んだことが無いので、通販か他人にお願いして調達したのだと思う......正直、どうやって手に入れたのか覚えていない(汗)。

ゲームの緻密さはともかく、日本語のマニュアルの翻訳ぶりがあまりにも稚拙だったことも有名なゲームで、その分今ガイドブックはちゃんと日本語として読めるだけでもありがたい。というか一応ゲームの解説本ではあるけど、当時の海軍状況を推し量る上でも役立つ資料になるかな。二次資料的なものになるので読み物としての性質が強くなるけど。

まぁ、でも、反応弾はアカンよね。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年3月20日 07:08に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「読者の皆さんの感想や反響が創作の原動力」は確かにその通り」です。

次の記事は「ゴルゴ13が海外赴任者の指南書に登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31