留守電の内容をメールしてくれるサービスがあるといいな

| コメント(0)


ぶっちゃけると複数の調査結果から、すでに携帯電話を持っている人における「通話」と「メールやソーシャルメディア」の利用率は逆転し、今では通話もできる携帯情報端末と化している状況では、留守番電話の音声内容をテキスト化するサービスに、どこまで需要があるのかはちょいと分からない。音声による通話をしてくるのって、飛び込み営業とか勧誘とか間違い電話とか、あまり応対したくない相手の可能性が高いからねえ。

でも、確かにこんなサービスがあると便利かもしれない。技術としてもさほど難しくはない。既存の技術の組み合わせで可能。発想としては新聞を編集してFAXするとか、プリンターで打ち出す内容をそのままFAXとして送るとか、そんな感じ。あるいはハンドマイクでセリフを自動翻訳してくれるやつとか。


で、指摘にもあるように、すでにその類のサービスは存在していたりする。考える事は皆同じ。ただ爆発的なヒットをかましているとか、他社も続々参入という話は聞かないので、ニッチな市場なのか、さらには需要そのものがさほど無かった感じがある。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年3月 8日 07:55に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「悪意の無い悪業ほどこわいものは無い」です。

次の記事は「JRが鉄道グッズ専門店を展開するとの話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31