公的年金の運用益が直近四半期で10.5兆円だったとの話

| コメント(0)
公的年金を市場で運用している年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は3日、昨年10~12月期に10兆4973億円の運用益があったと発表した。2001年に自主運用を始めて以来、四半期ベースで過去最高の黒字。世界的な株高となったことが影響した。

中身に関してはGPIFが各種資料を呈しているからそれを確認してもらえばよいとして。年金ってのは長期運用...というよりは永続的運用が前提なので、ごく短期で赤だの黒だのツッコミを入れるのは間違い。長期的に安定して運用できればそれで良く。

ましてや赤の時だけ大騒ぎして、黒の時にはほっかむりとは、「自分は投資のシロウトです」と自白しているのと何ら変わりはなく。今回の四半期で10兆円の益が出ても「すっごーい」でいいし、赤が出ても「がんばろーねー」で良い。本質的な問題が生じていてそれを指摘できるとか、あるいは四半期で半分吹き飛ばしたとかなら話は別だけど。


結局今件だけに限っても、赤が出た時だけ大騒ぎ(しかも明確で正しい理由づけもせずに)している界隈は、「投資を知らないけど騒ぐ材料に使ってます」の札をぺたりと貼りつけても問題は無い。それこそアレだ、GPIFの黒字に関して追及チーム結成式を例のお部屋でやらないのかなあとすら思ったりする。詳細な分析データを提示して「自分達ならこの2倍は益を出せた」とか言って、それが正しいものであれば(後出しじゃんけんではなく)、「すっごーい」と賛美できるのだけどね。

            

コメントする

            

最近の記事20件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年3月 4日 07:35に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「クロネコヤマトの「宅配便パニック」対応とヤフーニュースのコメント仕様変更と」です。

次の記事は「新聞の「社説」はその社の顔示す」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31