ツイッターで自分の発言がバズって通知が山ほど来て困ったときの対処法

| コメント(0)


以前紹介した「あて名は上様、商品名は品代で」と伝えたら「上様死なないで」と領収書に書かれてしまった、ネタだかマジだか分からないお話。品代のところに「CD代として」とあるので、多分にネタだと思うのだけどね。で、この画像が先日「自分が受け取った」としてツイートされる事案があり、当方は「またパクツイか」ぐらいに思っていたのだけど、信じてしまっている人が結構いるようで......というところから始まったお話。

元記事をたどると分かるのだけど、この画像を最初に挙げた人のツイートはすでに消えている。アカウント自体は生きているので、バズる(多数に公知されて反応が多数来る)ことで生じた多数の通知に嫌気がさして、ツイートそのものを消してしまった感が強い。

そのツイートは検索するとなぜかピンタレストで確認できるのだけど、それはさておくとして。今ではツイートした本人によって該当ツイートに関する通知を非通知にするっていう機能があるので、削除しなくても済むのだよね。


で、これが具体的な対処法。該当ツイートの右上にあるメニューを開き、「この会話をミュートする」を選択。これだけでオッケー。これで今後、このツイートに限り、何らかの反応があっても通知は来なくなる。リツイートとかいいねをされても、通知欄がわらわら増殖するってことは無くなる。

どのツイートがバズるかなんてことは分からないので、なんか通知がうざったくなってきたなと思ったら、逐次この対応をすればいいんじゃないかな。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年2月24日 06:47に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ハーゲンダッツの新作ミニカップはストロベリーカスタードタルト」です。

次の記事は「新聞の「報道」内容の問題が当事者から直接突っ込まれる時代」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31