ローソンの新作総菜コッペパンはかなり危険な香り

| コメント(0)


毎週更新を楽しみにしている、ローソンの食品系新作ラインアップ。2月7日発売予定のものがリストに加わったので確認していると、なんだか違和感を覚えるものが。通常のコッペパンに総菜を挟んだ総菜パンではあるのだけど、スケール感が何だか変。よく見ると、普通のコッペパンの大きさに等しいほどのコロッケがみっちりと挟まっている。えーと......コロッケってこんなに大きかったっけ?

説明によると店内でコロッケを揚げて、それを具材として用いているとのこと。だからこそこんな巨大なコロッケを挟めるのかしら。それにしてもこのサイズはロマンだな。スーパーなどで販売されているナショナルブランドの総菜パンとはスケールが違う。

そしてカロリーも688kcalとスケールが違う(汗)


コロッケよりはカロリーは抑えてあるけれど、これもやはりスケール感が奇妙な感じの具材が挟まっている焼きそばパン。しかもダイナミックにウインナーまで挟んである。これ、食べてる最中に絶対こぼれるな(笑)。でも「たっぷり」という雰囲気は十二分に楽しめそう。

こういう遊び心とも受け止められるメニューは大好き。次は同じコンセプトでハンバーガー的なものにもチャレンジしてほしいところ。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年2月 4日 06:40に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「先の米大統領選で支持表明した新聞動向」です。

次の記事は「マクドからチキンタツタが登場...だけど同時発売の「タルタ」ってなんだ?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31