AR/VRオフィスに未来を見た

| コメント(0)


実物を所有しているわけでは当然なく、またその方面に詳しいわけでもないのに、毎日のように押し寄せる情報にどきわく感が止まらず、これは心臓の病かもという冗談すら脳内想起されるHoloLens周りの話。そうだこれは以前、やはりマイクロソフトのキネクトで感じた「未来が見えてきた」感だ。

で、そのHoloLensを用いたAR......かなVRかな、なオフィスの話。今のパソコンの画面では当たり前になったマルチウィンドウが、そのまま独立した形で宙に浮いているように見え、それぞれを操作できる。結局モニターの画面を自分の視界全体に広げた感じだし、すべてを同時に操作するわけじゃないのだから、アクティブウィンドウは見えるだけで良いとなると、これの方がやりやすい。

複数の資料をウィンドウに開くタイプの作業が多い当方としては、このHoloLensを使ったスタイルは何か未来的期待感がもりもりと。絵を描く業界でも便利かもしれない。元よりSFなどで出てくる、コンソールパネルみたいな感じで大変よろしい。

この類のAR/VRな環境で執筆作業とかその他パソコン上の(?)あれこれを気軽に出来るようになるのは、どれぐらい先の話になるのかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年2月 9日 07:11に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「レゴのトラクターミニセットが欲しい、けど......」です。

次の記事は「「●×みたいな感じで」は分かりやすいけれど注文の際には使ってよいのか否か考えよう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30