「組織内の管理職として優れている人を特徴付ける共通の8つの行動」

| コメント(0)


あくまでも管理職であり、一般社員、あるいは経営判断を行う立場にある経営陣ではないけれど、つまり上と下から板挟みにあうレベルの人材として適切か否かの判断指針ではあるのだけど。軍隊で言えば小隊長とか中隊長レベルのお話。

中規模位までの人の頭に立つ人材の要素としては、結構的を射ている感じがする。経営的なセンスを足せば、十人から二十人ぐらいの中小企業のトップにも当てはまるかな。

列挙してみるといずれもうなづける内容ではあるのだけど、同時にこれらをすべて平均以上のレベルで有する人材ってのは、なかなか居ないような気もする。だからこそ、企業としてもそのような性質を持つ、少なくとも原石の人材は喉から手が出るほど欲しくなるってのは理解ができる。見方を変えれば、この8つの視点で自らの行動性向を鍛え上げていくことにより、自分を一端の人材に磨き上げることができる。


元記事はこちら。さらに原典は英語の話。まぁこの類のビジネス系の話は往々にして特定方面で無いと通用しなかったり、時間の流れと共に食い違いが生じてくることもあるのだけど。少なくとも目を通し、気を付けることで自分をちょいとステップアップさせるだけの価値はあるんじゃないかな。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年2月23日 07:28に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「また国際NGO「国境なき記者団」による「報道の自由度ランキング」が騒がれる時期がやってきた」です。

次の記事は「お金を分けて管理するという方法論」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31