カップ焼きそばUFOの新作は炭火焼肉味

| コメント(0)
「日清焼そばU.F.O.」は、1976年の発売以来、幅広い層の方々からご愛顧いただいているロングセラーブランドです。今回、"食欲旺盛な若者へ捧ぐ! 極太麺×ガッツリ系メニューの食べ応え" がコンセプトの「日清焼そばU.F.O.ビッグ 極太」シリーズから、第4弾となる「極太まぜそば 炭火焼肉味」を2月9日の「肉の日」に合わせて発売します。


牛カルビの脂が炭火の上に滴る際に立ちのぼる香ばしい香りと、コチュジャンやトウバンジャンのうまみと辛みをきかせた甘辛なたれで、食欲をそそる炭火焼肉味に仕上げました。また、別添の赤唐辛子とゴマをふりかけることで、ピリっとした辛みと食感のアクセントをお楽しみいただけます。


最近チョコレートだのショートケーキだのと奇抜さが売りのカップ麺が目立ってちょっと怖さを覚えているのだけど、その一方ですき焼き味の某うどんは昨今稀に見るストライクアイテムだとの話もあり、「そうそうそれだよ」的な感が。元々美味しい者同士を組み合わせればもっと美味しいものがという発想はいいんだけど、別次元のものを組み合わせずに、似た者同士で合わせればよいのにね。

で、今件も普段は別々の仕切り分けの中にある焼きそばと焼肉を合わせたという、ちょっと不安を覚えたけれど、よく考えてみると「案外合うのかも??」という期待の組み合わせ。

元々辛さの強い麺は刺激を受ける点で旨味を底上げしてくれるし......ってよく見たら、「焼肉」そのものじゃなくて、焼肉を食べる時の香りや旨味をたれなどで再現したのか。まぁ、旨味の要素の多くは香りとの話もあるし、歯ごたえは焼きそばだけど味覚は焼肉を感じるっぽい、的な楽しみができるのかも。一応具材にポークミンチも入っているし、時折歯ごたえでも「お、肉だ」ってのが楽しめるかな。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年1月24日 06:25に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「フェイクニュースと偏向報道の境界線はどこにあるのだろう」です。

次の記事は「タイムシフト視聴率はやっぱりドラマが強い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31