ぐるぐる回すあの棒を遊具にしてみてはという話

| コメント(0)


古代ギリシャの話はともかく、この類のぐるぐる棒ってのは、漫画的描写ではよく見かけるアイテムの一つだったりする。何か解決したい、加工したい事象をある程度工夫でやりやすくしたのだけど、やはりそのプロセスには何らかの手間がかかる。それを当時の技術では人力でやるしかないのだけど、単調だし力仕事だしで大変なので、「苦業」としてやってもらうことになる次第。まぁ、電気とかが無くても水力でやれるようになれば良いのだけど。

ただ一方で、多くの人が見に覚えはあると思うのだけど、この類の運動って、子供の時は異様にあこがれるんだよね。なんというのか、単調さが逆にテンションを高めるというか。公園にある色々な遊具と紙一重感。これも小学校などに遊具としておいてみたらどうだろう。

もちろん指摘されている通り、事故防止の施策は必要だし、重量も調整しなきゃならない。その辺りまで考えるとあるいは実現はムリなのかもしれない。ただ、フィットネスジムの色々な機械も、苦役と紙一重であることを考えると、「労働フィットネス」的なものとして、この類のを色々と合わせたものを創っても面白そう......ってのはちょいと無理か。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年1月23日 06:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「キャンドゥの黒猫置物が増えました」です。

次の記事は「米国では65歳以上でも4割を超える人がスマホを持っている」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31