他人の郵便物が自分のところに入っていたら

| コメント(0)


自分の郵便物が他人のところに入っていたかどうかは確認する手立てがないのだけど、他人の郵便物が自分のところに入っていた経験は何度かある。ごく近所で似たような名前の人だったり、単に隣の人だったり。そのような時には開封などは決してせずに、そのまま該当住所のポストに再投函してオシマイ。

日本の場合ではどうだったかな。確か民法か何かで「他人の荷物とは知らずに開けた場合」は云々ってを習った記憶があるのだけど。ともあれ、他の人の郵便物が投函されていたら、開けたらダメってことに違いは無い。

今件は「もうここには住んでいないので送り主に返してね」とのお話。引っ越しの通知が知り合いに行き届いていないとこういうケースは結構あるのだろうね。あるいは何らかの事情で知らせずに移転する必要があったとか。ちなみにポストとはもちろん郵便ポストのこと。


日本の場合も実はさほど変わらない。これは誤配達の場合だけど、前に住んでいた人の場合でも同じ。その旨を書いておくと親切かな。他方、宅配便などの場合はポストに投函せず、その会社に連絡を。

なお間違って開けてしまってから他人のものであることに気が付いた場合は、それを補修した上で、間違って開封したことなどを明記の上、ポストに投函するか郵便局に届け出ること。この辺りもちゃんと【他人あての郵便物を誤って開封してしまいました。この場合、どうしたらいいのでしょうか?】と日本郵便のサイトに書いてあるので、詳しくはそちらでご確認を。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年1月17日 07:10に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「日本郵便の制服がリニューアル。上半身が薄い水色のポロシャツに」です。

次の記事は「非常用の場所を自分の車などでふさぐという行為」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31