固定電話がすたれ携帯電話に変わりゆくと変化していく電話の応対

| コメント(0)


これは一度以前に言及したことがあるかもしれないけど、指摘されてハッとした件。固定電話は電話番号が半ば公開されていて、基本は世帯ベースでの利用となるから、どこからかかってくるか分からない。他方携帯電話、特にスマホは、電話の中に電話帳が収められていて、そこから選択して直接相手につなげてかけるという感覚になっている。

もちろん直接番号を入力して電話をすることもあるけれど、固定電話と比べると圧倒的にその比率は低い。しかも固定電話が世帯単位への連絡なのに対し、携帯電話は持ち主個人が基本。例えば携帯電話に電話をして、「済みませんが弟の二郎さんはいますか?」と聞くケースはまず無い。だから携帯電話宛に、見知らぬ人から電話がかかってくるともの凄くびっくりするし、その通話内容が間違い電話だったりすると「今時こんなこともあるんだな」と別の意味でびっくりする。

電話をした先が必ず自分の知っている相手で、相手も多分に自分を知っている。糸電話的なつながりによる電話利用がメインとなっている人にとっては、電話を受けた時点で相手は自分のことを分かっている(スマホなどの携帯電話の場合、受信している相手が電話帳に登録されていれば、その人の名前などが表示される)はずだから、ついつい自分から名乗りをするという礼儀作法を忘れてしまう......というか、そういうスタイル自身が常識では無くなっているのかもしれない。何しろ自分が普段使っている電話がそうなんだから。

でも受け手からすれば、(受信している相手の情報が表示されない)固定電話であっても携帯電話であっても、見知らぬ人からかかってきた場合には、やはり自分から名乗る前に相手の素性を聞きたくなる。怖いもの。道端でいきなり「済みませんがあなた●×さんですよね」と言われたら、やはり怖いし、正しいか否かの前に「どちら様ですか」と聞くよね(場合によってはすぐに逃げるのが正解ってこともあるけど)。


これは指摘の通りで、受けた側には見も知らぬ人に対し、こちらの個人情報となる電話番号と名前のリンクした情報を渡すのは非常に問題があるということ。そのセットを束にしてビジネスをする輩もいるし、それを売りに出すってパターンもありうる。本当に知らない場合もあるのだろうけど、知らないふりをしている可能性も否定できない。そしてどちらなのかは電話越しでは確認ができない。ならば安全な選択肢を選んだ方が良い。

今件のような場合には、相手が間違ってかけてきたのが分かったら、相手がどのような番号で誰に向けてかけたのかを聞き、それは自分で無いので番号を正確に打ち直しませうというのが一番無難なのだろうな。


「間違いがないかどうかをまず確かめることがマナー」との説明は確かに一理あるけれど、マナーを超えたセキュリティ上のリスクが存在する以上、そちらを優先して考えるべきであることは言うまでも無く。何しろ間違い電話の場合、自分は本来消費しなくても良いリソースを対応によって浪費しているのだから、その上なぜさらにリスクを上乗せして相手に媚びる必要があるのか、ということになるからね。

まぁ、間違い電話が本当に単純なポカミスなのか、ミスを装った探りであるのか判断ができない以上、安全策をとっておくことに越したことはない、と。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年1月12日 08:01に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「アマゾンのマケプレの光と闇」です。

次の記事は「ふたたび登場、ハーゲンダッツの和の祭典『きなこ黒みつ』 『ごま胡桃』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31