ヤバイ辛みが期待の「七味とうがらし煎餅」

| コメント(0)
『七味とうがらし煎餅』は、㈱みながわ製菓より商品ブランドを引き継いだ商品です。香ばしく焼き上げた堅焼せんべいに、旨みのきいた特製しょうゆだれと風味豊かな「八幡屋礒五郎」の七味とうがらしで味わい深く仕上げております。辛さにこだわった本格七味せんべいをお楽しみください。

七味唐辛子がもりもりまぶしてある、見た目だけでも辛さが口の中に広がってきそうな「七味とうがらし煎餅」。ただ記憶の限りでは、単に辛いだけでは無く、絶妙な旨味が味覚を刺激して、味わった事のないような格別な美味しさを堪能できる......けど、辛いのが苦手な人はパスした方が無難、的な。

で、その「七味とうがらし煎餅」が越後製菓から発売されるという。リリースに「みながわ製菓より商品ブランドを引き継いだ」と気になる表記があるので確認したところ、【上越市の「みながわ製菓」が倒産 負債は14億円】にもある通り、2016年の8月末に倒産してしまったようだ。味わいの系統が途絶えることが避けられたのは幸いというべきか。

さらに1月11日付で越後製菓からは山ほど辛みのせんべいが発売予定に挙がっている。リリースの確認の限りでは、すべて「みながわ製菓より商品ブランドを引き継いだ」との解説。つまり、それらの商品は越後製菓が引き継いだということか。「七味とうがらし煎餅」以外にも「とうがらしの種」をはじめ、一度ならずとも見たことがある商品があり、なんだか安心感を覚える次第ではある。

もっともこれらのラインアップは辛みが強いことでも知られているので、その辺りはご注意を。美味しいからねえ、ついつい食べ過ぎて、色々と大変なことになっちゃうのだよね(経験者は語る)。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年1月12日 07:01に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「セブンのチョコレート攻勢が本格化したようです」です。

次の記事は「テレビの進化とその説明と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31