豊橋のカレーうどんは未知なる味わいな感じ

| コメント(0)


あまりの衝撃に写真を撮るのを忘れてしまったのだけど。先日のローソン100周りを終えて帰路についている最中のこと。信号待ちをしている時に目の前を横切ったバスの広告に、気になる宣伝が。上のツイートにある通り、興味深い構造をしているカレーうどんの話が載っていて、そんなものが世の中に実在するのか、と驚き。カレーうどんとご飯の相性の良さはすでに知っているのだけど、それを最初から組み合わせ、最初は混ぜ合わせないようにとろろの層を作って隔てているとは。なんだろう、その発想の妙は。


で、お話によると豊橋のカレーうどんとのことで、解説サイトには詳しい図解があった......ってあれ、この左側の断面図みたいなものそのものが、バスの広告にあったような気がする。

豊橋でのご当地食のようで、他地域ではあまり知られていない......というか当方も今回初めて知ったわけだけど、カレー好きにはたまらない魅力あふれる一品に違いない。他方、構造上の問題からインスタント系のものとしての展開は難しいだろうなあ、と考えるとちょっと残念だったりもする。

            

コメントする

            

最近の記事20件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年1月11日 07:54に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「レゴの夏の新作の商品名が判明......したっぽい。全部じゃないけど」です。

次の記事は「シンプルな自炊飯の方法論」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31