ノロなどの感染性胃腸炎がダイナミック流行との話

| コメント(0)
国立感染症研究所は27日、ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎の患者報告数が、直近の1週間(12月12~18日)で1医療機関あたり20・89人に上ったと発表した。全国平均で警報レベルの20人を超えるのは過去最大級の流行だった2006年以来。

ノロの感染の場合は身動きが取れなくなるほどの状態になるということや、診察を受けた医者側の対応もノロ対応ではなかったことから、当方はノロで無い感染性胃腸炎のようだったのだけど、当方も先日胃腸炎をわずらってしまったのはすでにお伝えした通り。どこで感染したのか分からないし、一度治っても再びどこかで感染して発症するリスクが無いわけじゃないので、治った後はこれまで以上に手洗いやうがいを厳密にしている。

何か特別な理由で流行しているわけではなく、何らかの偶然の重なりで感染率が上がるのだろうけど、今年は確かにノロだけじゃなくて各種感染性胃腸炎発症の話をよく見聞きするしニュースにもなる。芸能人も結構発症していたような。


これは新型インフル周りの時に知った、東京都内の各種病症の報告数動向のグラフサービスから出力したものだけど(つまり全国のデータでは無いので、新聞記事のとは少々異なる)、やはり今年は感染性胃腸炎の発症報告例は多い。最近では2006年が大いに流行ったとのことではあるのだけど、東京都に限ればその2006年よりも多い動き。

外に出るな、というのも無理な話。手洗い、うがいをしっかりと成し、体調に留意し、怪しげな症状を覚えたらすぐにお医者さんに。基本だけど、基本だからこそ、しっかりと守りたいものだな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年12月28日 06:48に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「大みそかから元日は通話やメールをひかえませう」です。

次の記事は「ローソンの年末新商品はステキナイスなラインアップ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31