未来のルンバは四脚走行......かな?

| コメント(0)


先日から何度かに渡り、ルンバが袋小路に追いやられて引っかかったり、障害物とぶつかったはずみからか倒れてきたものの下敷きとなるような情景写真を目にしたのを受けて。現在のルンバは原則的にお掃除をする面が平面でないとアウトなので、それも一因なのだろうなあということから、将来的には四脚走行のルンバも開発されるのかもしれないなあ、という妄想が。

四脚走行というと、すぐにイメージされるのがこのスターウォーズに登場するAT-AT。これの小型版がチョイーンチョイーンという独特の機械音を奏でながらあちこちを歩き回り、掃除をしていく。


ちょっとした障害物やケーブルもさくりと飛び越える。まぁ、時々ケーブルの認識を誤り、ひっかかって倒れるかもしれないけど、すぐに立ち直る。

......とまで考えて。それ、単にあちこち歩くだけならよいけど、どこでごみを吸い取るのだろう。やはり足の部分? まだまだ考えるべきことは多い。やはり「攻殻機動隊」に出てくるフチコマみたいな形状の方が良いのかな。AIBOの開発が現在も続いていれば、あるいはその方面への技術開発展開もあったかもしれないことを思うに、つくづくひとときの事情、感情で技術を止めてはいけないよなあ、と実感したりもする。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年12月 9日 07:05に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「レゴでセブン-イレブン版の小型電気自動車コムスが完成しました」です。

次の記事は「専門家や肩書を持つ者、有資格者の監修がオールマイティな免罪符になっては困る」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30