マクドの冬の名物、炭水化物の宝石箱こと「グラコロ」が「超グラコロ」にパワーアップ

| コメント(0)
超リニューアルにあたり、味付けの決め手となる2つのソースを改良。たまごソースは卵黄の風味がより豊かに感じられる、濃厚でリッチな味わいに、また、コロッケソースはよりスパイス感がアップした芳醇な味わいに生まれ変わりましました。バンズは、生地に生クリームとバターの風味を加えることで、コクのある、ふんわりとリッチな食感と味わいに進化。クリーミーなグラタンコロッケの味をさらに引き立てます。


ビーフの旨味たっぷりのデミグラスソースと、クリーミーなチェダーチーズをサンドした「デミチーズグラコロ」も、よりリッチな味わいの「超デミチーズグラコロ」へと生まれ変わります。


マクドの秋の風物詩が月見バーガーなら、冬の名物として名高いグラコロ。グラタンコロッケバーガーの略で、バンズやらコロッケやら炭水化物の合わせ技という、色々な意味でヤバい構成のメニューとして多くの人に愛されている。今年もそのグラコロが登場する...のだけど、「超」をつけてリニューアルした上での販売。

説明によるとソースの改良とバンズの風味に手を加えたとの話。この類の改善は、本当に良い方向のものか否か、実際に食べてみないと分からないので、現時点では評価は留保。ファンは多いので、実売が始まったらファンの方々の意見をよく見聞きできることになるだろう。

同時展開される「シャカシャカポテト トマトクリーム」もちょっと気になるところ。ケチャップで無くトマトクリームってどんな味なんだろう。

ともあれ、発売は12月14日から......だから、来週からか。炭水化物の宝石箱が、金山ぐらいになるようなずっしりぶりとなるのを期待したいところ。そして願わくば、キャベツも何か炭水化物系のものにした、オール炭水化物版も欲しいな、と思ったりする。それはムリか(笑)。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年12月 9日 06:37に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「バブル崩壊と消費者物価の安定と(日銀による)デフレ政策と消費税の導入と一般税収の減退とデフレ」です。

次の記事は「義理チョコならぬ義理焼きそばの提案商品......とな?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31