戦時中に窓ガラスにバツ印などのテープが貼られている理由

| コメント(0)


実のところ実物を見たことはないのだけど、漫画や映画などの描写で、戦中の住宅などの窓ガラスに、ガムテープのようなものでバッテン印の貼りものがされているところはよく見たことがある。台風がやってくる時に、窓に木材をバツ印に打ち付ける描写と同じように、風などで飛ばされないように強度をアップするためのものかなと思っていたのだけど。

お話によると、窓ガラスが割れないようにするのではなく、割れても被害を最小にするためのものだそうな。ああ、なるほど。

針金が内部に入った強化ガラスも似たような発想によるものだろうけど、あれはガラスそのものの強度もアップされ、割れないようにする効果すらも期待できる。けどこちらはガラスそのものの強度のアップまでは難しいかな......と。まぁ、紙テープなら比較的容易に準備できるし、ハードルの低い防災対策には違いない。

それと指摘もされているけど、一度貼りつけると剥がすのが結構面倒になることも。戦後に至ってもそのままにしている場の写真も、探せば結構あるかもしれない。今はさすがに......半世紀以上も経過していると現存は難しいかな。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年12月 5日 06:47に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「アマゾン経由のレゴ新製品配送でちょっとしたトラブルがあったとの話」です。

次の記事は「レゴでセブン-イレブン版の小型電気自動車コムスの設計図ができました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2016年12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31