NAVERまとめの問題をNAVERまとめに挙げたら無告知で「noindex」化されて色々となるほど感

| コメント(0)


DeNAのWelqに始まるコンテンツ盗取による利益搾取問題。盗用まとめサイトと並び本陣ともいえるNAVERまとめはほぼ同じタイミングで、自分達も努力します的な、その実全然改善策になっていないどころか問題を認識していない中身の声明を出して、とりあえず事が沈静化するまで身を隠していよう的な状態だったりする。

で、盗取された方が自分のあれこれをNAVERまとめに挙げるという皮肉的な手を打ったところ、ほどなくそのまとめが「noindex」化されたという話。


説明にもある通り「noindex」ってのは、検索エンジンに「このページは記録しなくてもいいよ、存在しないものとして考えてね」と伝える信号。要は検索の際に対象外となるよう自己申請するお知らせ。それが記事を創った本人の意図で無しに挿入されているってことは、管理側が「これは検索エンジンの対象外としろ」と何らかの意図の上で符牒付けしたことになる。タグの類はすぐに確認できるから、こんな感じですぐに「意向」がばれてしまった次第。まぁ、.htaccessで操作すればばれにくいのだろうけど、それはシステム上の負荷にもつながるし、元々そういう機能があって、それを操作しただけじゃないのかな。

で、一応調べてみると【NAVERまとめで一部のまとめだけnoindexと記載されている】にもある通り、2012年の時点ですでに管理側で「まとめのタイトルと内容が一致していなかったり、無意味と判定された(管理側が判定した)場合」、noindex措置が成されるとのやりとりが確認できる。この時点で管理運営側の独自判断で、任意のまとめに対して「noindex化」ができるシステムが構築されていたことになる。このルールが今なお健在であるのなら、先のまとめ記事は管理側、つまりNAVERまとめ側が「まとめのタイトルと内容が一致していなかったり、無意味と判定」したってことなんだよね。......色々な意味でもっとヤバい雰囲気が。「プラットフォームでありメディアでは無い」、ねえ。

で、一向にNAVERまとめ側が姿勢を改めないこともあり、こんな動きが起きている。これもまた一歩にすぎず、本来ならば全内容の検索エンジンからの登録外し、いわゆる「永久ban」を検索エンジン側に実施してもらうべきなんだろうな。


結局、これなんだよねえ。都合の良いように拡大解釈して、多方面の一次コンテンツ制作者に迷惑をかけ、それらの人たちが得るべきだった利益を盗取し、その一部を手下に分け与えているという構図で懐を温めているのだよね。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年12月26日 07:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ミゼットI(アオシマ文化教材) 取得」です。

次の記事は「マクドのハッピーセットはいきなりマリオのフィギュアとか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31