マクドのハッピーセットはいきなりマリオのフィギュアとか

| コメント(0)
ハッピーセット「スーパーマリオ」には、マリオやルイージ、ピーチ、ヨッシーなどのおなじみのキャラクターに加え、1UPキノコやアカこうら、ハテナブロックなど、ゲーム中に登場するアイテムのおもちゃが全12種と幅広いラインアップで登場します。ボタンを押すと腕が上下に動くマリオ、背中のこうらを押すと舌が前後に動くヨッシー、押すと効果音が鳴る1UPキノコなど、おもちゃにはキャラクターの動きやゲーム中の音を再現した楽しい仕掛けがたくさん付いており、「スーパーマリオ」の世界観を楽しむことができます。

当方は通勤路にあったマクドナルドが閉店してしまって「気が向いたらチェック」レベルの立ち寄りが出来なくなったこともあり、なんとなく疎遠になってしまった感はあるのだけど、今年後半に入ってからマクドナルドの気合の入れ方がちょっと変わってきた感があるので、それはそれでうれしい今日この頃。何度か指摘してたけど、中の企画関連のスタッフやら外注の人が刷新された感が強いんだよね。

ハッピーセットにしても、これまで手を付けていなかった人気版権が次々採用されているし、造形ものも陳腐なものではなく、十分過ぎるほどの質を持つようになった。「おまけだから仕方が無いかな」ではなく「おまけとしてじゃなくて単品でも十分売れるよ」レベル。今回のマリオシリーズも、写真の限りでは期待にたがわぬ出来栄えになりそう。

ちょっと驚いたのは、以前の「アニマ」シリーズでも見受けられたのだけど、複数の玩具を組み合わせて遊ぶことが半ば前提かされていること。ブロック周りが特にその様式となっている。元々いくつかを組み合わせてスーパーマリオな情景を創るってコンセプトのようで、週末にプレゼントされるシールもそれが前提のようだけど、これは「たくさん集めて楽しい情景を創ってね」というメッセージがじわりとにじみ出ている。

来年の頭からスタートとのことで、ちょっと覗いてみてくるかなあ、という気にさせてくれるだけの期待感があるのは良い事だな。「手をふるマリオ」は座席もマッチしているので「総理マリオ」とか作れそうだ(笑)

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年12月27日 06:29に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「NAVERまとめの問題をNAVERまとめに挙げたら無告知で「noindex」化されて色々となるほど感」です。

次の記事は「工事現場的な稼働フィギュアとポケモンのデスクトップツールと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31