2017年のレゴ・ジュニア新作では「取り壊し作業現場」がぴか一

| コメント(0)


いわゆる積みレゴがどんどん増えるし、仕分け作業の環境整備と実働もやる必要はあるのだけど、新作が続々と発表されて全然追いつけない感が強い今日この頃。ちょいと前に発表された2017年の新作のうち、ジュニアカテゴリ(ノーマルほど難しく、込み入ってはいないけど、デュプロほど子供向けではない。パーツの基準はノーマルと互換性があるけど、少々パーツ構成が大きめになっている)では、この「取り壊し作業現場(Demolition Site Set 10734)」が一番よくできている感じ。

トラックやショベルカーなどの建設機器は結構おおざっぱな感じはするけれど、雰囲気は良くできている。また、小物も色々と注目に値するものが。特にレンガ造りっぽいブロックは見たことが無い......と思ったら普通のブロックにタイルでふたをしただけか。いや、でもこんな見せ方があるとは。


ジュニアカテゴリではこんなのも登場予定。パトカーに無理やり護送用のスペースを設けるとか、アクロバットすぎだろという感じはある。まぁ、パーツ取りとしては結構目に留まるものがあるので、価格次第かなあ、というところ。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年11月25日 07:25に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「レゴでミゼット2の郵便局配達車両ができました」です。

次の記事は「当たり前のことが分からない人は指摘されても分からないのかもしれない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31