「安全だって言うのなら、お前が飲んでみせろ」のおろかさ

| コメント(0)


例の豊洲界隈で一部においてこんなセリフが飛び交っているのを目にし、何か既視感があるなあと思い返してみたら、震災後にフリーライター様が官僚に処理水の飲用を強要させた事案があったことを思い出した。


指摘では何の意味もないとはあるけれど、震災の時に強要させた事案では、報道は飲んだ行為を暗に非難し、強要させたフリーライターはそれを戦果であるかのように掲げ、自分を持ち上げる材料として振り回していた。

理性のある人物ならば「対話も議論もなく、意味のない行為」で終わりなのだろうけど、残念ながら強要する側は多分にして理性も倫理も無いことが多いので、該当側に騒ぐ材料を与えてしまうことになる。それは震災後の話で実例が出ている。


細かく精査しなおすと時間がかかるので、ざっとだけどこんな感じ。わずか5年前の話。昔ならば5年前の話となれば、ぼんやりとしか覚えておらず、人物の特定も難しく、そんなことがあったような気がしたぐらいで終わってしまうけど。今ならばこのような形で、ちょっと探しただけでもしっかりとその当時の状況、個人の特定が可能になる。

まぁ、「人のほどが知れる」という状況を確認できたら、それをしっかりと覚え、記録しておくことは大切だなあ、と。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年9月29日 07:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「議事進行を妨害する」を理由に禁止することの危険性」です。

次の記事は「ちくわが一本丸ごと入ったちくわパン、今年も爆誕」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31