いらすとやさんの伸長と、イラスト稼業で仕事を奪われているという話と

| コメント(0)


先日、某サイトに掲載された、「いらすとやさん」のイラストの汎用性の高さを受けて皆が積極利用するようになったので、似たような需要でイラストの受注をしていたイラスト関係者の仕事が減ったという話。掲載もとがアレなので直接の引用は止めておくけれど、理解できるようでなんだかちょっと首をかしげる部分もあったりする。なんだろう、この頭の中のもやもやは。


で、このような指摘を受けて、納得感。商品価格が顧客を選ぶ的な発想に近いものがあるのだけど、いらすとやさんの無料イラストでよいと判断している人は多分に、たとえいらすとやさんが使えなくなったとしても、他の無料イラストにシフトするだけだし、そうでなくとも発注上の条件はかなり買いたたくことになるだろう。そしてそもそも、いらすとやさんのタッチやデザインが好きで選んでいる人は、他のイラストレーターに発注することはあまり考えられない。

例えるなら、違法コピーで無料ゲームを楽しんでいた人の大部分は、違法コピーができなくなったら、有料の実商品を買わずに、他のゲームに移ってしまうというもの。

無論、それらの領域の境界線上にあるケースでは、お仕事のシェアを食われてしまった的な例もあるだろう。ただそれがどの程度のものになるかを考えれば、騒がれているほどのものではないのかな、という気はする。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年9月28日 06:33に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「大豆で作ったジャーキー「カバヤ ソイジャーキー ブラックペッパー味」試食」です。

次の記事は「自分でアレンジできる賃貸住宅をUR実証実験的に展開」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31