大豆で作ったジャーキー「カバヤ ソイジャーキー ブラックペッパー味」試食

| コメント(0)


先日「SFみたいな感じだよね」と紹介した、大豆で作ったジャーキー、「カバヤ ソイジャーキー ブラックペッパー味」。当方の行動領域内ではなかなか確認できなかったのだけど、先日某ホームセンターでようやくその姿を目撃できたので、思わず確保、調達。うん、写真の限りでは本当にジャーキー...というかコーンフレークのチョコ味にも見えるな、これ。


1袋50グラムあたりエネルギー155kcal、炭水化物25.9グラム、塩分相当量2.55グラム。賞味期限は製造から9か月、ぐらいかな。

見た目はコーンフレークとジャーキーの中間ぐらい。本物のジャーキーってもう少しサイズが大きく、おおざっぱな切り分けをしている感じがする。一方、香りが本物のジャーキーと比べるとかなり強く、この香りと強めに味付けたブラックペッパーで、ジャーキーっぽさを強く出しているようだ。

味わいは歯ごたえではかなり努力しており、本物のジャーキーには及ばないものの、それなりに強いかみごたえ。大豆によるもどき商品にありがちな、ぼそぼそ感とかは無い。味そのものも結構よい出来栄えで、子供向けの駄菓子と本物のジャーキーの中間、ちょっと本物よりっぽい。

代替食としては少々ペッパーが強いけれど、十分な出来栄え。おつまみには確かにマッチしそう。ちょいとばかりコスパが悪い感じもするので、もうちょっと安くなればまとめ買いして、単独で食べても、料理の素材として使ってもいいかなあ、という気はするのだけど。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年9月28日 06:22に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ローソンなど限定で安納芋なタルトのハーゲンダッツが出るぞ」です。

次の記事は「いらすとやさんの伸長と、イラスト稼業で仕事を奪われているという話と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31