やるべきことは目に見える場所に、そして小刻みに

| コメント(0)


昔、何かの本で「実践目標は小刻みに」との話を見聞きしたことがある。大戦略的な目標を掲げるのは大切だけれど、それのみでは実際に何をすれば良いのかがぼやけてしまい、実行動には結び付きにくくなるので、行動のエンジンにはなりにくい。

大戦略と共に、自分がなすべき行動をできるだけ細かく刻んで設定する事で、より行動を起こしやすくなる。さらに細かい行動目標はそれぞれが単独で達成できるので、心地よい達成感を逐次得ることができ、「なかなか終わらない」「先に進まない」といったモチベーションの低下を避けることもできる。

自分の視界範囲内に成すべきことを書き記すのも大切な手法。視界の中に、あるいはふと目線をそらした時に、そのリストが目に留まることで、そのたびに思い起こしができる。はっきりと意識するレベルで無くとも、無意識のうちになすべき方向に引っ張ってくれる役割を果たす。ノルマ達成までの現状をグラフとして書き記して壁に貼り、逐次マジックで塗りつぶしていくのが良い例。

また、タスクを小刻みに分割することの優位性は、指摘されている通り「取り掛かり」のハードルを低くし、少しずつ進められるだけでなく、余計な思案をせずに行動できる利点もある。プログラムを書くときの方法論と同じ。「ボールを取ってこい」では無く、「ボールを投げるまでは待て」「ボールが投げられたらその方向に走り、該当するボールを壊さないようにくわえろ」「ボールをくわえたまま戻ってこい」「戻ってきたらくわえているボールを離してその場で待て」的な感じ。

仕事は一連の挙動を一気にやった方が、勢い的な感じでスムーズに進む事も多々ある。ただ、そのような流れに乗れるか否かは出たとこ勝負。いつも上手くいくとは限らない。それよりは確実に、少しずつ小刻みに進めていった方が、結局のところは効率よく片づけられるのだな。

作業的なもの、非創造性的なものは特にこの「小刻み実践」が有益だったりするのだな。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年9月18日 06:58に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「レゴと子供達の失敗を経て学ぶもの」です。

次の記事は「ドリームトミカで「おかしのくるま」なるものが登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31