レゴのダチョウとゆかいな大型動物たち

| コメント(0)


先日【レゴの通販店ECO BRICK(エコブリック)が9月7日付で休業】でもお伝えした通り、レゴのパーツネットショップの一つ、エコブリックが休業してしまった。今はちょいとトップページのメッセージが変わっているけれど、どの商品を注文しようとしても「ただいまサイトのメンテナンス中につき当店をご利用いただくことができません。 申し訳ありませんが開店までしばらくお待ちください」との警告メッセージが出るのみとなっている。色々と想像はできるけど、サイトが残っているということは復活の可能性はまだあると考えるのが妥当である一方、現実としては多分に難しいかもなあ......という感も否めない。

で、先日慌ててとりあえず的に同社で通販を利用したのだけど、読み返してみてしまったと思ったことが。動物系の充実もここの長所の一つだったんだけど、その中でも以前から目をつけていたダチョウ、これをオーダーし忘れてしまった。チョコボみたいな感じで結構良さげ。でも最近の商品では一切見かけない。ぐぬぬ。しまった。数匹集めて「ダチョウ倶楽部」とかいう洒落もできたかもしれないのにー。

......でもいつの商品に登場したのかな。


ということで調べてみたら、6年ほど前のプリンスオブペルシャシリーズのものだった。しかもそのシリーズでは他に、今でもときおりレア系の情景で見かけるラクダもあったりする。うーむ、ラクダ、いいなあ。


さらにさかのぼると12年ほど前に「世界の冒険シリーズ」なるものがあり、そこで象も登場していた。今でもデュプロという幼い子供向けのレゴシリーズでなら容易に象は手に入るけど、造形が多分にこどもこどもしていてミスマッチ。やはりこれぐらいでないと......とはいえ、現在では実質入手は不可能に近い。

インディージョーンズなどの版権物は仕方ないにしても、それ以外のものはいつでも再生産・再販売できるような仕組みになっているのとありがたいのだけど。せめてパーツ単位での注文ができると嬉しいけど、それも難しいのだろうな。プラモデルなどと同じように。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年9月 7日 07:26に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「さかなクンさんと共同開発の巨大グミセット、ダイナミックな大きさにギョギョギョモード」です。

次の記事は「VRを使って本屋や図書館を創ると面白いかもね、という話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31