さかなクンさんと共同開発の巨大グミセット、ダイナミックな大きさにギョギョギョモード

| コメント(0)
タカラトミーグループの株式会社タカラトミーアーツ(代表取締役社長:宇佐美 博之/所在地:東京都葛飾区)は、さかなクンと共同開発した立体巨大グミ製作キット『深海魚研究所』<全2種/希望小売価格2,980円/税抜>を2016年11月10日(木)から発売いたします。

全長20センチ超えのグミとかなにそれ面白い的なものが第一印象。ついで、さかなクンさん(書きにくい)との共同開発とのことで、よほど気合いを入れたものだろうなあとリリースに目を通すと、予想以上の気合いの入れ方だった。

トレーにグミの元を流して創るセットということで、色々な形の型が入っているんだけど、これ、材料の熱に気を付ければ、別にグミに限ったものでは無く色々なものが作れてしまいそう。

もちろん商品本来の主旨の通り、グミを山ほど作って楽しむのが一番良い。時間はかかるけど何回も繰り返してつくりこなし、お皿一杯の魚系グミを用意したら、パーティーで喜ばれるに違いない。

それにしてもダイオウイカとかメガマウスザメとか、20センチ以上のグミって、創るのはいいのだけど、果たして食べ切れるのかなという不安もある(笑)。本物のイカのように、切り刻んで食べればよいまでだけどね。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年9月 7日 07:13に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「湖池屋の新商品はポップコーン、でもやっぱりのり塩だよ」です。

次の記事は「レゴのダチョウとゆかいな大型動物たち」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31