やっぱり「携帯」は「携帯電話全般」ではなく「ガラケー」を意味するのね

| コメント(0)


これは何度か解説した記憶もあるし、最近では当方も文字制限のある部分(例えば記事タイトル)では、ぱっと見で分かりやすい、多くの人が認識されやすいように、携帯・スマホ的な表記をしてるのだけど。ヤフーが携帯向けのサービスを一部終了するとの報道で、一瞬ドキっとさせられたけど、一次リリースを確認したらやっぱりそうか、と思った次第。

要は、「携帯向け」という表記の「携帯」は、従来型携帯電話とスマートフォンの双方を合わせた携帯電話ではなく、ガラケー・従来型携帯電話・フィーチャーフォンなどと呼ばれる、スマホでない携帯電話を指している次第。リリースでは「携帯電話(iモード、EZweb、Yahoo!ケータイ)版サービス」とあるからね。


指摘されている通り、スマートフォンは携帯電話であることにも違いはないものの、むしろスマホであることがメインであって、わざわざ携帯電話、携帯、ケータイと表記することはないという認識なんだろうね。この辺り、一般の認識と言葉の元々の意味、本質的なものが少しずつずれているので、文面で使う場合には微妙に面倒くさいものがあったりする。

厳密に表記すると、従来型携帯電話=ガラケー=フィーチャーフォンではあるけれど、従来型にはさらに本質的な従来型以外に、マルチメディアフォンも含まれるからなあ......。もうごちゃごちゃ(笑)。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年9月 2日 07:09に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ヤマザキナビスコがヤマザキビスケットになって色々と新商品が」です。

次の記事は「レゴの今年のアドベントカレンダーシリーズが発表されたよ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31