新コーヒー缶の100万本無料配布と「進化」の話

| コメント(0)
キリンビバレッジ株式会社(社長 堀口英樹)は、10月4日(火)に新発売する缶コーヒーにおいて、商品名を明かさない試飲缶を無料配布する「100万本シークレットサンプリング」を9月14日(水)から実施します。今回のサンプリングは、当社史上最大規模※のサンプリングとなります。


※キリンビバレッジ商品の「シークレットサンプリング」として最大規模


10月4日に新しい缶コーヒーが販売されるということで、花火の打ち上げ的な感じでダイナミックなサンプリングを行うとの話。ちょいと前に業界内新聞的なもので速報が出ていたけど、先日正式にリリースが出たので覚え書き。

詳しくはリリースにある通り、特定の場所でダイナミックなボリュームのサンプル缶を配布するので、飲んでみてちょというもの。缶のラベルには新商品のデザインはほどこされておらず、あくまでもサンプルであるとの表示のみ。ぶっちゃけ、この缶だけが欲しいと思うのは当方だけかな。


実のところ当方も味覚が人一倍に優れているわけではないので、似たような感想を持っている。20年前の缶コーヒーと直接比較することはできないけど、それほど劇的に変わったのかなあというのが率直な感想。むしろスタンドコーヒーの香りに、お、これはいいなという印象を覚える方が強い。

その点では、指摘されている「口の大きさの変化により、香りをより強く楽しめるようになった点が、コーヒー缶の旨味を底上げしたのかなあ、という気もする。人が「美味い」と感じる要素の大部分は香りによるもの、との話もあるし、ね。

リリースを見直すと、当方の行動領域には該当しないので、この試飲品を手に入れる機会はなさげ。10月4日の本商品の発売を待つとしませう。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年9月15日 06:42に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「写真撮影の時の背景用素材にPVC(ポリ塩化ビニル)を使うと良いというお話」です。

次の記事は「ハーゲンダッツの新作は濃厚アイスにクッキー織り交ぜ、ヤバいぞこの組み合わせは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31