米大統領候補のトランプ氏とクリントン氏の支持層の違い

| コメント(0)


ぶっちゃけると過去から今に至る調査結果はどんどんぶれて動いているし、候補者自身の動向も常に流動的なので、本当に選挙直前にならないとこの動きがどこまで信頼できるものかは分からないのだけど、少なくとも調査時点ではこんな傾向が見られたよということで。どうやら今回の米大統領選は、米国民自身にとっても随分と困惑した様相らしく、調査会社のPew Research Centerにおける大統領選に絡んだ調査も、どう考えても前回の選挙の時と比べて数がダイナミックなまでに多く、他の普通の調査が後回しにされている感じがする。

で今件は8月9日から16日に行われた調査結果。詳しくはリンク先からたどって確認してほしいけど、象徴的な結果の部分のグラフをば。説明も意訳した通りで、どうやらクリントン氏支持者とトランプ氏支持者との間には、米国の現状と未来に対する展望に、大きな違いがあるらしいってこと。

半世紀前と比べると米国は悪くなったと思う人はトランプ氏、良くなったと思う人はクリントン氏に多く集まっている。次の世代は米国はよくなると思う人はクリントン氏に、悪くなると思う人はトランプ氏の支持者が多い。要は、これまでにも、今後にも悲観的な考えを持つ人が、状況を打破しなければとの思いから、トランプ氏へ集まっていると認識できる。

問題なのは全体の動向を見ると、過去半世紀と現在の比較、次世代への展望双方において、悲観的な人の方が多いという結果が出てるんだよね。つまりそのまま単純に考えると、トランプ氏の方が優勢という結果になる。各報道ではクリントン氏圧倒的優勢とあるけれど......まぁ、ホント、読めない状況に違いはない。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年8月20日 07:40に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「三大コンビニの冷凍ぎょうざではセブンのが一番美味し(個人的感想)」です。

次の記事は「某社の公開資料を確認しようとしたら「セキュリティの警告」が出てドキリとした件」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31