レゴで選挙カーができました

| コメント(0)


以前何度か設計図段階のものを披露した、レゴによる選挙カー。自前の設計による車両の構築技術の積み上げの意味合いもあったので、色々と試行錯誤。パーツを調達した後にいくつかの不具合が見つかり、後ほど修正をしないと技術検証ができない部分もあるのだけど、一通りカタチとしていは完成。

名前の部分をプリントアウトして貼りつけるとかすれば、もっと「それっぽく」なるんだけどね。その類の加工を始めるとプラモデルと同じになつてしまうからってのは以前から言及している通り。


技術検証部分を除けば、ぞうけいそのものとしてはまあまあ悪く無い出来。それっぽい感じはよく出てる。他方、撮影画像そのものはいまだに納得のいかない質感。背景を白、あるいはそれに近い色にしてしまうと、発色の上でおかしなことになるのだよね。テレビの合成撮影の時のように背景を緑なりにして、トリミングで切りぬくとの手もあるのだけど......フリーのペイントツールGIMPというものが、トリミングの機能ではそれなりに高レベルなものらしいので、時間を見つけてトライしてみるつもりではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年7月13日 06:23に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「筆を折る」「筆を止める」もいつしか死語になるのだろうか」です。

次の記事は「頭部戦線異状あり!? 自分の髪を元にタネを創って頭に植えて頭髪を再生する仕組みが研究中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31