8月はスペシャル暑くなりそうだ・気象庁が三か月予報を発表

| コメント(0)
 気象庁は25日、向こう3か月(8~10月)の天候の予想を発表した。暖かい空気に覆われやすいため、気温は全国的に平年より高くなる見通し。また、湿った気流の影響で、北日本や沖縄・奄美では、降水量が平年並みか、多くなる予想だ。

夏季には週次の形で展開している熱中症搬送者の記事でも言及している、気象庁の三か月予報。先日その更新がおこなわれ、8月から10月の予報が発表された。ざっと見た限りでは10月はともかく8月や9月において、前回の予報(6月下旬発表)の時より降水量が少なく、気温が上昇しているように見える。ってことは、今年の夏はより一層暑さが厳しくなるってこと。

加えて西日本はともかく東日本、特に関東地方では降水量の少なさから、給水制限が始まっており、今後もまとまった雨が期待できないだけに、さらなるキツイ制限が生じることになるかもしれない。色々と心構えはしておいた方がよいだろう。加えて、水不足となるとついつい水の摂取に引け目を感じてしまって、さらに熱中症リスクが高まることになる。くれぐれもご注意を。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年7月26日 06:28に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「非科学的な主張をする界隈が「直接会いましょう」とアプローチをしてくるのは、マルチ商法や悪質な新興宗教と同じ手口」です。

次の記事は「ミスドのミニボールなドーナツが選択性になったぞ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30