マクドナルドの新作バーガーは45周年で日米なバーガー

| コメント(0)
 日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼 CEO:サラ・エル・カサノバ)は、1971年7月に日本で第1号店がオープンしてから、今年で45周年を迎えることを記念して、日本とアメリカそれぞれをテーマに、ハンバーガーの中心的具材であるビーフを美味しく楽しんでいただけるバーガーを開発しました。炙った醤油の風味がビーフにからむ、こだわりの和風バーガー「1971 炙り醤油ジャパン」と、1955年の創業当時の古き良きアメリカのイメージで、お肉を野菜などのシンプルな具材と一緒に豪快に楽しむ「1955 スモーキーアメリカ」を7月6日(水)から期間限定で販売します。

タイトルだけを見て「展開開始当初のバーガーを再現したのかな」と思ったら、実はそうでは無く、日本展開開始の1971年、マクドナルド本家の店舗開店の1955年をそれぞれイメージした、新作のバーガーとのこと。醤油を使ったり、ダイナミックさを見せるなど、それなりの工夫はしているけれど、特に説明がなければ「ちょっと具材が多い新作バーガーかな」程度にしか見えないのが、ちょっと残念なところ。温故知新とか、先行記事の「CCさくら」の話じゃないけど、昔を思い起こしてしまう人と、新規に興味関心を覚える人の双方の目を引き付けるのには、このイベント・タイミングなら過去のレシピを来た方が......と思ってしまうのは当方だけかな。

ただ、展開されるバーガー自身はボリューミッシュで魅力にあふれるところがある。ただ、単品でそれぞれ490円ってのは、ちょっと考えちゃうかもね。デフレ云々ではなく、コスパとして。

もう一つ、同時に発売されるのは「クラシックフライ はちみつマスタード」。少し前に展開された限定新作ナゲットソース「フルーツカレー」「クリーミーチーズ」が思いのほか好評だったことからも分かるように、実はマクドナルドでもっと注目すべきなのは、トッピングなりソースの部分では無いかな、と思っている。マックフライポテトにかけるソースに関しては、当たりハズレが大きいのだけど、今件は結構面白そう。「まろやかで自然な甘みのはちみつと、マスタードのほんのりピリッとするマイルドな辛味が絶妙なバランス」って、いったいどんな味がするんだろう。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年7月 2日 07:17に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「高齢者 むしろ室内 熱中症 リスクが高いよ 水分欠かさず」です。

次の記事は「ツイッターの140文字縛りは文章推敲の訓練になる、という話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30