リスクある行為を生業としている人と、無謀な人は同列では無い

| コメント(0)


どのような行為にでも必ずリスクは存在する。それこそ街中を歩いていても突然狂気の人に刺される可能性はゼロでは無いし、交通事故に会うかもしれないし、スリに遭遇するかもしれないし、ビルの上の階からの小物の落下に巻き込まれることもある。突然足元の床石が崩れるかもしれない。

そのようなレベルのリスクでは無く、もっと高いレベルのリスクを背負う仕事をしている人は、世の中にたくさんいる。公的役割につく人に、その類のものは多い(見方を変えると、社会維持には欠かせないのだけど公的役割にしないと需給バランスが取れずに成り立ちにくく、社会が安定化しないのだろうな)。ただしそれらの人々も概して、「これはやってはいけない」「このラインを超えたら命をどぶに捨てたも同然」という線引きをしており、その線引きの内側での作業となる。勇敢、勇気と蛮勇とは別物。

指摘の通り、リスクが高い職業としてよく知られている、そして社会の維持に貢献している、だからこそ期待され、期待に応えることで大いなる評価を受けている自衛隊も警察官も消防士も皆、勇気を持って行動をしているが、蛮勇的な行為はしない。それが上手くいけばいいけれど、リスクが体現化した場合、より多くの損失が発生することを知っているから。それがプロというもの。プロであればあるほど、自分の行為には責任を持ち、引き際を理解する。何でも突進するような人は勇敢では無く蛮勇で、単なるアマチュア。


蛮勇が推奨されず、極力線引きを明確化して、安全策を取り、人命第一に考えるのは、採算面の観点でも合理性がある。「人は城」ではないけれど、お金で買えないものを失うのは大きな損失に他ならない。

この辺りの考えを誤解して、さらに自らの行為は正義で崇高だからどのような制止行動がなされても強引にやらかしてしまうのは、単なる素人、山師、一発屋の所業でしかなく、色々な考慮をする上での優先順位は低くなる。

真面目に本当の意味でのプロの仕事をしている人に対し、無謀な素人の山師が「自分達はプロなので何かあっても助けてくれ」という話を振りかざし、保険的なものとして悪用している雰囲気があるんだね。いわば権威のただ乗りというか。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年6月 3日 08:04に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「なきがらの扱いと「その後」の面影作りと」です。

次の記事は「吉野家の豚丼が1000万食突破したとのお話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31