吉野家の豚丼が1000万食突破したとのお話

| コメント(0)
株式会社吉野家(本社:東京都中央区、以下吉野家)は、4月6日(水)より全国の「吉野家」店舗にて復活販売いたしました「豚丼」が、発売より約2ヶ月で累計販売数1,000万食を突破いたしました。これもひとえにお客様のおかげと、心より感謝申し上げます。

4月6日から復刻発売した吉野家の豚丼。商品種類そのものに需要があったのに加え、価格が牛丼と比べていくぶん安めであったことから、集客力は大きく、一部報道界隈では「再びデフレ化の方向性」とか「今の政治が」と社会叩きにまで使われる始末。

で、発売1か月で700万食が売れたあと、さらに1か月経過で300万食を上乗せし、大台の1000万食に届いたという告知。1日約1万6700万食。結構売れてるよね。

他方、最初の一か月で700万食、次の一か月で300万食ってことは、単純計算でも消費量が半分以下に減っている。目新しさが無くなったのが要因で、安いから常食するってのはどれだけいるのかなと考えると、色々と面白くなってくる。

ともあれ5月分の吉野家の業績も、客数はそれなりに多く、客単価は前年同月比で多少落ち込むことになるかもしれないな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年6月 4日 06:47に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「リスクある行為を生業としている人と、無謀な人は同列では無い」です。

次の記事は「エポックの新作ガチャ「日本庭園」は心を揺さぶられるステキさ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31