ファンタから ついに解禁 すいか味

| コメント(0)
コカ・コーラシステムは、ティーンを中心に愛され続けているフルーツ炭酸飲料カテゴリーNo.1※「ファンタ」ブランドから、汗とともに失われる塩分の補給に必要な"塩"を、すいかフレーバーにプラスした「ファンタ すいか」を2016年7月4日(月)から全国で発売します。

夏は冷たい炭酸飲料が欲しくなること必至だし、すいかは夏の風物詩的なステキナイスアイテム、そして汗をかいた時には塩分を欠かさないようにしないと熱中症リスクも高まる......ということで、それらをすべて合わせたものを出せば人気さく裂じゃね? というコンセプトなのか、ファンタシリーズの新しい味わいの第二弾(第一弾はファンタ レモン+C)として登場するのが、このファンタすいか。カタカナではなくあえて「すいか」とひらがな表記するあたり、ちょっと脱力系。

説明では「20~30代のヤングアダルト層を中心とするお客様の、夏のコンディションづくりに寄与するとともにフルーツ炭酸飲料のトップブランドとして市場を牽引」とあるので若年層向けの受け狙い的な要素も多分にある。パッケージビジュアルもどうもやわらかい感じで若年層へのアピールが強い。ただ問題なのは味そのもの。スイカ味ってコールド系の他のアイテムとの組み合わせはよほど注意深く取り扱わないと、単なるみずっぽい果物みたいな味......というよりはきゅうりやニガウリ的なものとなりかねない。

それに炭酸系のドリンクのすいか味って、実のところペプシがすでに先行して展開した経歴がある。今現在通年販売されていないってことは...まあ、お察し。果たしてどこまで美味しいものができるのか、良い意味で皆の記憶に残るものとなるのか。発売が楽しみではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年6月 2日 06:18に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「リーマン・ショック」は和製英語、いいね? そして「リーマンショック前」など無いとの話」です。

次の記事は「今年も登場ミスドのコットンスノーキャンディ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30