車椅子やベビーカーが初登場するレゴの新作「シティの人たち 60134」の発売が7月1日に決定

| コメント(0)
レゴシティの公園はたくさんの人でにぎわっているよ。赤ちゃんとお散歩するお父さん、遊び場では子どもがおじいちゃんとおばあちゃんと遊んでいる。ホットドッグを買ってベンチで食べよう。おっと! ペンキ塗りのまっ最中!?計15体のミニフィギュア付き。

先日【車椅子やベビーカーが登場するレゴの新作「Fun in the Park City People Pack」のデータがすでに公開されていた】で紹介した、レゴの新作としては個人的に今年一番の期待作である「Fun in the Park City People Pack」。数日前から色々とあちこちで動きがあったし、今年下半期の新作と呼ばれていた複数セットの先行販売版が6月3日に発売されることもあり、今月中には何か動きがあるかな......と思っていたら、アマゾンで収録されたという話が。

確認をしたら、6月3日発売では無かった、数々の下半期登場予定商品が予約受付開始に。下半期用のカタログの配布が始まったとの話もあるし、6月1日が色々な意味での公開日だったのね、と。

一番のお目当てだった「シティの人たち 60134」は現時点で7000円近く、次にリストアップしていた「ガソリンスタンド 60132」は1万1000円近く。ちょっと高い。ぐぬぬ。まぁ、アマゾンは予約受付開始時には多分にふっかける傾向があるので。


これまでは自前でパーツを組み合わせてそれっぽいものを創ることはできても、公式で展開されることはなかった(幼い子供向けのデュプロならば別)、車椅子やベビーカーがちゃんとしたパーツとして提供されるのは、非常に意義がある。大いに注目したいし、使い手もある。


ビッグカメラだと5000円足らずで結構なお値打ち。だけどすでに予約受付終了とスペシャル早い。まあ、限定販売品ではないので、再入荷した時点で注文すれば良い話だし、アマゾンでも値を下げてくることは容易に想像ができるので、その時に......と考えれば良いのだけど。少々悔しみを覚えたりする(笑)。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年6月 2日 06:47に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「今年も登場ミスドのコットンスノーキャンディ」です。

次の記事は「かつての国会議事録で戦後日本の混迷状態をかいま見る。そして議事録はずっと残るけどという話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31