水素水とマイナスイオン。いらすとやさんはやっぱり色々と分かってるなと思わせる新作

| コメント(0)


ウェブ上のサイトの更新チェックのための定期巡回ルートにぶち込んでいるいらすとやさん。独特の使いやすいタッチと切り口の面白さ、使いやすさでは、恐らく五本の指に入るであろうフリー素材のサイト。先日チェックを入れたところ、その内容に思わずふいた。

片方は今話題の水素水。結局普通の水やん、大手企業やメディアまで相乗りする形でどーすんねん的なツッコミをしたくなるような状況だけど、その水が実際としてはアルカリイオン水と同等だとの指摘がある。まぁ、実態の知れない水をありがたがる方法論、直接効用はアピールしないけれど、第三者的な存在が太鼓持ちして広める手法まで合わせ、瓜二つ。実態の、効用の無い権威をつけて有り難がらせ、高値で売るってのは、権威ビジネスと同じだね。

で、その水素水とほぼ同じタイミングでマイナスイオン水的なイラストが出てきて、ああなるほどと思わせる状況となった次第。説明には一応「「-(マイナス)」と書かれた丸が滝の周りに描かれたイラストです。」とあり、明確にマイナスイオン水とは書かれていないけど、昨今の情勢を知っていればああなるほど感。


事案そのものは昨日今日の話ではないけれど。キュレーションサイトと情報商材(文面を見る限りでは多分に悪質系のもの)、そして「他人の言葉を自分の言葉のようにTwitter上に公開するパクリツイート、いわゆる「パクツイ」のイラストです」とある、食べる青い鳥のイラスト。まぁ、色々とつながりがあるケースが多々見受けられるものが、ほぼ同じ時期に掲載されている。これもよくわかってるねえ、的な感じ。

この類のイメージカットは、普通のフリー素材ではなかなか見つかりにくいだけに、非常にありがたいお話。機会があればどしどし使っていきたいところ。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年5月17日 07:06に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「7月発売予定のトミカは頭文字Dのシルビアとリラックマな猫」です。

次の記事は「学生食堂は学生利用がメインであってそれ以外の人がドヤ顔で占拠して良いものでは無い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31