松屋の牛カレーとかハンバーグカレーが新しくなったようです

| コメント(0)
2016年5月17日(火)15時より「カレギュウ」と「ハンバーグカレー」をブラッシュアップして新発売いたします!


「カレギュウ」は、お肉の量が増量し、カレーとご飯がセパレートになって食べやすくなりました。「ハンバーグカレー」は、鉄板でふっくらと焼き上げられたハンバーグと松屋オリジナル カレーの相性抜群、食べ応え満点な逸品です。
是非、ブラッシュアップした「カレギュウ」と「ハンバーグカレー」をお召し上がりください。


新年度にあたり、リピーターを新たに確保できるチャンス到来ってこともあって、牛丼チェーン店各社とも色々な策を打っている。吉野家の豚丼もあるいは、その一環だったのかもしれない。松屋では定番なメニューのリニューアルを図り、魅力の底上げによる集客を模索している模様。今回登場するカレーメニューの刷新版も、恐らく意図としてはそんな感じ。松屋は牛丼に並び、カレーの美味しさでもポイントが高いからね。

今回登場するのはカレーそのものではなく、カレーにプラスαして提供される、リッチ系カレーメニュー。カレギュウは名前の通り、カレーに牛丼の牛肉部分を足したもの。これまでは一つの皿に牛肉とカレーがひとまとめになっていて、牛皿+カレー感があったのだけど、今件ではカレーが別途用意されるようになった。あれ、これってそのままミニ牛めしとカレーのセット的な感じじゃない?

ハンバーグカレーの方は...えーと、具体的な改良点が書かれていないので不明。あ、いや、これも基本は新カレギュウと同じ切り替えだ。これまでカレーライスにハンバーグがどんって乗っていたのが、ライスとハンバーグ+カレーで別皿に振り分けられたのか。松屋ではすでにこれタイプはチーズinハンバーグカレーで行われていたけど、ノーマルのハンバーグカレーでも実施するようになった、と。

別分けされることで食べやすくなったのはもちろんだけど、ちょっとしたオシャレ感も出て、嬉しいところ。お店側の手間はちょっと増えるだろうけど、気の利いた改善には違いない。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年5月13日 06:26に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「からあげクンの「ロトのつるぎ」が「ひのきのぼう」になったようです」です。

次の記事は「黄色いきのこの山とたけのこの里、味はそれぞれバナナとマンゴー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31