レゴのフィギュアの画像素材で色々と楽しめそう

| コメント(0)


レゴの世界で使われているフィギュア。ミニフィグとかとも呼ばれているのだけど、それの素材。まぁ、3D CAD用のデータも別途あるような感があるけど、絵を描かれる方にはこれで十分過ぎるのかなあ、と。要はイメージ的にこんなのがあるといいな、こんなものを創ってみたいなという人のためのたたき台。コラ素材......というとイメージがあれだけど、まさにそんな感じ。


使用例を見て思ったんだけど、この例のうち提督さんは公式のパーツでそれっぽいのは作れそうな気がするんだよね。実在するのか探す必要はあるのだけど。単純にコラ的画像を創って楽しむのはもとより、「確かこんなパーツがあるはず。それらを合わせてこういうのを創ってみたいな」的なデザインを描き上げた後、それが本当に実現可能かどうかを調べるためのツール的なものとして楽しむのもありかもしれない。あるいは実物とレゴフィギュアとの橋渡し的なネタ絵の材料として、とか。

確か海外のアプリケーションで、実在するブロックなどを3D画面上で組み立てて、アプリ内でレゴの造形を組み上げ、使用したパーツを調べる的なものがあったはず。それとは少々違うけれど、そんな使い方をするのも一興かもしれない。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年5月 7日 07:36に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「たばこ販促用の景品が財務省の警告を受けて中止との報道」です。

次の記事は「「Twitter、有料化の予定は「ない」」とのツイートがニュースになった件」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31