たばこ販促用の景品が財務省の警告を受けて中止との報道

| コメント(0)
たばこ大手各社が、コンビニエンスストアやスーパーで販売促進活動の一環として配っているコーヒーのクーポン券など「おまけ」の提供を2016年末で中止することが6日、分かった。財務省から「法律違反の恐れがある」との指摘を受け、業界団体の日本たばこ協会が加盟社に対し、年末までに景品提供をやめるよう要請した。


たばこ事業法36条は、財務相の認可を受けた小売価格以外でのたばこ販売を禁止しており、値引きを認めていない。以前から、たばこ各社が街角のたばこ店などを通じて、ライターや灰皿といった関連グッズをおまけとして渡す例はあったが、財務省は問題視してこなかった。


現時点で財務省、日本たばこ協会双方から公式ウェブサイト上において該当する言及は無し。まぁ、この類の勧告・警告は概して公知されることはないし、あったとしても実際に規制を行う直前に入ってからだろう。

一部で財務省の横やりがきつすぎる、そんなに景品などを展開していたっけとの声もあるけれど、コンビニに足を運ぶたびにレジ周辺のアイテムに目をやる癖をつけておくと、この類の景品は山ほど、高頻度で見受けることができる。記事では「缶コーヒーやタブレット清涼菓子、ティッシュなど現物のおまけに加え、いれたてコーヒーなどに店頭で交換できるクーポン券を配る」との具体例があったけれど、最近では限定品的なオリジナルグッズの類も多く、このグッズのために吸わない煙草を買ってもいいかなあ、と思わせるようなものも。

あれだ。雑誌業界の景品ビジネスに近い動きになってるんだな。まぁ、多分に未喫煙者に興味関心を引かせてリピーターの確保をという目論見があるのだろうけど。

記事を掘り起こしてみると、【たばこのついでにガムを買う。ならば......】にもある通り、すでに2010年の時点で結構派手な景品付きキャンペーンが成されている事が確認できる。コーヒーと共にたばこを売るってのも確かあったはず。元々吸わない人にはネガティブな印象が強い商品であることから、何かとセールスが難しいことは分かるのだけど。

あるいは見方を変えて、「実質的な値引き販売に該当すると認めら」れないような特典の付け方を考えて、その方法に切り替えるのかもしれない。その方法論はまだ分からないけれど。アイディアマンによる閃きがあれば、もしかすると今後、その手口を用いた販売方法を見かけるような機会が出て来るかもしれない。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年5月 7日 07:22に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「マックの新作シェイクは甘夏みかん、期待できそうな味わいの予感」です。

次の記事は「レゴのフィギュアの画像素材で色々と楽しめそう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31