「お金があればいいってもんじゃない、工夫が大切」は出す側のセリフじゃないよね

| コメント(0)


お金ってのは時間やリソースを集約化して具体的な指標となす事ができる、人類にとっては五本の指に入る素晴らしい概念的発明に違いないと当方は考えている。日本ではとかくお金に関する話をするのは下賤との風潮もあるけれど、それこそが多くの問題の根幹部分にあるのだろうなあという気はする。

今件の指摘にしてもその通りで、百歩譲って限られたリソースの中で工夫や新しいものが生まれるとしても、それは現場側から自然に発せられるべき言葉であって、むしろ創り手の賃金や予算周りの制約では無く、使い手側の状況としての設定で発想すべき。「使う人は一度の利用で1000円も払えるはずはないから、せめて500円にならないかな」という感じ。

ましてや作り手、開発側にお金を払う側が「安くても我慢しろ、安い中でこそ工夫や新規技術が生まれる」なんてことは、口が裂けても言っちゃいけない。


そして下手に値切られた上で創られた物品は、得てしてこんな感じになる。値段に応じてそれなり、そこそこってのはあるけれど、値段を超えて良いものってのはあまり無い。相応の対価を支払ったものなら、それなりに品質は保証されているし、ダメならダメで「話にならない」と突っ込める余裕がある。でも「安くてもいいもの」ってのはどれだけ背伸びしたものでも、そこそこでしかないからね。

まぁ、努力とかアイディアといった、形には見えにくいものにも、しっかりと対価は必要だよねえ、という感じはする。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年5月 4日 07:32に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「自由・自営業の人は健康診断と健康保険は超大事」です。

次の記事は「熊本県警がお薦めする「悪質訪問販売業者の見分け方」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31