ツイッターの140文字制限がちょっと変わって便利になる予定

| コメント(0)


先日ちらりと噂が挙がっていた、ツイッターの仕様変更。いくつかの噂のうち「1万文字までツイートができるようになるかも」的なものは思いっきり否定されたけど、引用のURLは文字数にカウントしなくなる云々ってのが今回公式に導入発表された次第。

今回の仕様変更点は一言でまとめると「140文字の制限がほぼ本文だけに限定される」というもの。これまではリプライ先のアカウント名とか添付する画像とかURLで文字数上限が削られたけど、それがほぼ無くなる次第。短縮URLの価値がちょいと下がった感じになるのかな。また、アカウント名が長いとツイートの文字数が削られるのでちょいと不利だね云々ってのもなくなるから、その点ではありがたみを覚える人も多いかな。


ちょいと誤解を受けている感があるのが、このリプライとタイムライン上の関係。上の値とラボの記事でも

現状では誰かへ宛ててツイートするときに「.@(ユーザー名)」と、「.」などを頭に入力すると、全フォロワーのタイムラインに公開されるようになっています。このルールは不慣れな人には分かりにくいことから、「.」抜きで@ユーザー名でツイートを始めた場合でも全フォロワーのタイムラインに公開されるようになります。ただし変更点1で述べたように、特定のツイートに対する返信ツイートの場合は、これまで通り限られた範囲での公開となります。

とあるように、全部の特定相手へのリプライが見えてしまうわけでは無い。本来のリプライ機能を用いて相手に返信した時には、相手のアカウント名が見えなくなり、これまで通り「ツイート元とツイート先双方がフォローしていた場合のみ」見えるようになる。リプライ機能を使わずに「@」で送信すると、送信した人をフォローしていた人すべてに見えるようになる。

......とはいえ、正直分かりにくいところがあるかもしれない。こればかりは実際に使いこなして覚えていくしかない。ただ、この機能実装は「数か月のうちに」とあるので、特定の日からスタートってわけではなく、じわりと浸透していく雰囲気。以前の「公式リツイートにコメントができる」的な機能がアカウント単位で少しずつ導入されたのと同じ感じになるのかな。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年5月25日 06:28に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「警察行動はかぜ薬」という考え方」です。

次の記事は「最善かつ最良の防衛策は「逃げる」かなあ、と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31